ネコアレルギーの僕がネコを飼いました

僕とサイベリアン① ~ネコアレルギーの僕がネコを飼いました~

2019/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネコアレルギーの僕がネコを飼いました。 ネコ種は「サイベリアン」!! サイベリアンと出会った経緯から現在の暮らしをご紹介します。ネコについてをたくさん勉強したのでそちらも色々ご紹介しますね〜 ぜひ、ネコちゃんの魅力を一緒にご堪能いただければ幸いです。
スポンサーリンク

僕がネコをキライな理由

僕のはネコが「超好き」だ。
でも僕は「極度のネコアレルギー」、そしてネコは苦手である。
断然の「
犬」派だ。

まずはあの「性格」

自分勝手でわがまま。いわゆる「ツンデレ」って奴。
呼んでも来ないのは当たり前。

名前がわからないのか?

次にあの「目」

時に出てくる爬虫類のような縦長の目
見れば見るほど「ぞくっ」とする・・・

次に鬼のような「瞬発力」

いきなり走。飛ぶ。引っかく。
その瞬発力はハンパない。大迫もびっくりである。

「舌」のザラザラ

あの「ザラザラ感」は何なのか。あれは舌ではない。
あれで舐められると「サンドペーパーで研磨されている気分」になる。

その分、「犬」はかわいい。愛おしい。

  • 名を「呼べば近くに来る」。
  • 帰ってきたら「お迎え」にくる。
  • 何よりも「従順」である。

僕の家ではずーっと「犬」を飼っていた。

 

 

スポンサーリンク

僕のネコアレルギー症状

僕の第六感が「ネコを感じる」と、
まず「鼻のムズムズ」が始まる。
そして鼻から、「さらさらのお水」が流れ出す。
次に「鼻が詰まって」、「くしゃみ」がとまらなくなる。
超ド級のくしゃみが100連発だ。

僕の「実家の老犬」は、それを合図に「パニック」になる。
周りにオシッコを垂れ流す。
そんな「ド級のくしゃみ」が100回続くのだから、私の体も大変だった。

次に「目が恐ろしくかゆくなり」ボッコボコに腫れる
それはもうボッコボコに腫れる

かの有名な謎の生き物「ガチャピン」のように・・・。

 

僕「ネコアレルギー」かも!?

発覚したのは十数年前。ある人の家に行くと、決まってあの症状が・・・。
「鼻声&くしゃみ」のパレードが始まる。

家主
ホコリかな?ごめんね。
いえいえ。こちらこそすいません・・・

 

こんなやり取りが何回か続いていた。
その家はキレイで、ホコリはほとんどなし。
むしろ自分の家のほうがホコリが多いので、掃除(ホコリ)のせいではないことは明白だった。
原因はなんだろうと考えていたところ

なぞ
 テクテクテク・・・ 
何ぞや?

 

影からキレイな毛並みの「老ネコ」が登場。
嫁に聞くと、その家は以前からネコを飼っていたという話。
ほとんど家におらず「流浪ネコ」と化している
誰からも愛される「人懐っこい老ネコ」

僕はネコが嫌いだった。
だから、ほとんど触ったことはない。
しかし、この「老ネコ」は私の方に向かってくる。
なぜか、私にカラダを当ててくる。

老猫
 スリ・・・スリ・・・スリ・・ 
かわいい・・・

 

なんともいえない「かわゆさ」
ネコの概念を根底から覆された瞬間だった。

間髪入れずに、家主からの衝撃の一言

 

家主
 もしかして、ネコアレルギーじゃない!?
・・・・・・

 

そういえば、思い当たる節はあった。
子供の頃、「友人宅」へ行った時も、決まってこの症状が出ていた。
「家のホコリだろう」と気にかけていなかったが、
たった今、この一言により「確信」に変わった。

「ネ・コ・ア・レ・ル・ギ・ー」

 

嫁は絶望した。

 

 

ー続くー

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネコアレルギーの僕がネコを飼いました。 ネコ種は「サイベリアン」!! サイベリアンと出会った経緯から現在の暮らしをご紹介します。ネコについてをたくさん勉強したのでそちらも色々ご紹介しますね〜 ぜひ、ネコちゃんの魅力を一緒にご堪能いただければ幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サイベリアンのブログ , 2018 All Rights Reserved.